はじめに

 

ここでは、ブロック塀やコンクリート床面等を

実際に補修した様子をご紹介します。

 

水を混ぜるだけで使える、

いわゆるインスタントセメントを使った補修です。

 

実践してわかったことがいくつかありましたので

備忘録として書き記しておきます。

 

補修は応急処置的な感じで

プロのような仕上がりにはなっていないのでご了承ください。

 

セメントを使い始めたきっかけ

 

浴室内の壁に、タイルが剥がれ落ち

亀裂が入っていた部分がありました。

 

お湯が直接かかる場所ではないけれど

亀裂部分はすぐに埋めてしまおう。

 

そう思い立ち、

ホームセンターで防水セメントを購入しました。

 

作業したのは、この記事の3日前。

いよいよ、在宅介護のレクチャーが始まります

 

この時、母まさこは入院中で

私は在宅介護のレクチャーを受けようと

病院からの連絡を待っていた頃でした。

 

セメント以外に使ったものはこちら。

缶詰の空き缶とヘラです。

 

ヘラは、壁あなの補修材に付いていました。

 

空き缶の中でセメントと水を混ぜ、

それを壁の亀裂部分に塗る。

 

作業自体は10分もかからなかったと思います。

 

ブロック塀の穴を修理

 

我が家は、家と畑の敷地それぞれに

道路との境目にブロック塀があります。

 

塀と道路の間にはわずかな隙間があって

その隙間に雑草がびっしりと育ち、ぐんぐん伸びていきます。

 

4月末頃、雑草を抜きスッキリしたのもつかの間。

 

土がこんもりしていることに気づきました。

実はこれ、雑草を抜くときも同じ状態になっていて

ホウキで掃いてスッキリしていたのですが…

 

よーく見てみると、ブロック塀の穴に

たくさんのアリが出たり入ったりしていました。

 

こんもりしている土は、アリがせっせと運んだもので

2週間足らずですっかり元通りになっていたようです。

 

ちょっと上の部分にも穴がいくつかあり

アリが出入りしています。

 

まずは、この穴をふさいでしまおう。

 

残っていた防水セメントと

空き缶とヘラを使い、ブロック塀の穴をふさぎました。

その後、約2週間。

 

穴はふさがったものの、その近くの道路との隙間に

たくさんのアリが出入りしていました。

 

穴があった付近の隙間をセメントで埋めたのがこちら。

この後、ここではアリの姿を見なくなりました。

(この続きは順次追加していきます。)

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村